« 組織論・リーダー論~リスク・コントロールの観点から | トップページ | 裁判における和解とは »

2012年3月19日 (月)

お店屋さん・町工場を悪質商法からまもるには・・・

あまり知られていないことですが、
お店やさんや家族経営の町工場は、
現在の日本法における「消費者」ではないとされ、
消費者保護法制の枠外に置かれてしまっています。
「消費者保護」なる考えは、
アメリカ型の工業社会「大量生産大量消費」の時代に
大資本から守るべき弱者を切り出す概念としては有効でした。
ただ、現在では、もう、従来型の「消費者」の概念だけでは
本当に弱いものを守りきれなくなっています。

先日行ったオーストラリアの新競争消費者法の勉強会では、
零細事業者を保護しないで誰を保護するのか?
零細事業者こそが保護されるべき!
と、シドニー大学の教授は仰り、
個人的には大変感歎しました。

行政に、国会に、司法に、ご理解頂くとともに、
われわれ弁護士こそ、よりいっそう深く理解しなければと思っています。

|

« 組織論・リーダー論~リスク・コントロールの観点から | トップページ | 裁判における和解とは »

リーストラブル」カテゴリの記事

弁護士・法律」カテゴリの記事

消費者とは?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89445/54257429

この記事へのトラックバック一覧です: お店屋さん・町工場を悪質商法からまもるには・・・:

« 組織論・リーダー論~リスク・コントロールの観点から | トップページ | 裁判における和解とは »