« 浮気に対して | トップページ | お店屋さん・町工場を悪質商法からまもるには・・・ »

2012年3月15日 (木)

組織論・リーダー論~リスク・コントロールの観点から

今、チームである作業をしているのですが、
毎日貴重な体験をします。
今日は、組織のトップは、
どこまで細かいことに言及するべきか、
という点で、皆と議論をしました。
関係先にくまなく配慮を示して欲しいというものもいれば、
長たるもの、細部にまで配慮した風では格が下がるという意見もあります。

この点、リスク管理という視点で分析するとどうでしょう。
関係先への礼をつくす、という方法は、
リスクを前倒しで摘み取る積極的管理手法といえそうです。
ただ、トップがあれこれ細部にまで言及した場合、
リスクが顕在化した場合に、トップにまで責任が追及されやすいという
裏腹の関係にあります。
守りを固めるのであれば、
トップの言葉は短く少ない方が良いということになります。

激動の時代、組織の長、リーダーに何が求められているのか。
とても難しい問題です。
そのときそのときの状況に応じた判断をせざるを得ず、
リーダーにも、毅然とした部分とともに、柔軟性が求められます。

|

« 浮気に対して | トップページ | お店屋さん・町工場を悪質商法からまもるには・・・ »

弁護士・法律」カテゴリの記事

組織論・企業論・リーダー論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89445/54227809

この記事へのトラックバック一覧です: 組織論・リーダー論~リスク・コントロールの観点から:

« 浮気に対して | トップページ | お店屋さん・町工場を悪質商法からまもるには・・・ »