« 読書日記〜古典的名演説 100年のときをこえて | トップページ | 読書日記~大暴落1929 ジョン・K・ガルブレイス~ »

2012年5月21日 (月)

金環日食

今朝、私の住む大阪では、
金環日食の現象を、きれいに観察することが出来ました。
本当に金のリング、指輪の様でした・・・。

これほど見事な日食が起きた際に、
古来、人々は様々なことを思い、
また、行ったことでしょう。
古代であれば、
悪事が起こると吹聴するようなものも
居たのではないでしょうか。

実際、日食の際に、
975(天延3)年の皆既食に際して、
朝廷は大規模な大赦(罪人の罪を減じたりを放免する)
を行ったそうです。
不吉なことが起こるのを払おうとしたのではないでしょうか。

歴史上有名なのは、
1183(寿永2)年の金環食でしょうか。
水島の合戦のさなかに日食が起こります。
これを恐れ混乱する木曽源氏に対して、平家が勝利したと言われています。

壮大な宇宙ロマンです。

|

« 読書日記〜古典的名演説 100年のときをこえて | トップページ | 読書日記~大暴落1929 ジョン・K・ガルブレイス~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89445/54762645

この記事へのトラックバック一覧です: 金環日食:

« 読書日記〜古典的名演説 100年のときをこえて | トップページ | 読書日記~大暴落1929 ジョン・K・ガルブレイス~ »