« 読書日記 ~ 世に棲む日々 ~ 吉田松陰と高杉晋作 | トップページ | 難民 ~ 保護の必要性と難しさ ~  »

2012年6月29日 (金)

アスベスト訴訟 日通に賠償命令 神戸地裁 - MSN産経ニュース

リンク: アスベスト訴訟 日通に賠償命令 神戸地裁 - MSN産経ニュース.

この報道、被害救済という意味で、画期的判決と思います。

日本通運は、アスベスト関連の工場を
直接操業してきたクボタとは違い、
クボタから、ものの運搬を委託された会社と思われます。
つまり、アスベストとの関係が、クボタよりは遠いのです。
クボタが、「和解」という形で、訴訟から早期離脱した様子ですが、
クボタは判決を受ければ「負ける」という予測が容易に立ったのだと思われます。
被害の早期救済。
そして「判決で責任を負わされた」という企業の被るマイナスイメージ。
~いわゆるレピュテーションリスクに含まれるでしょう~
巨額の賠償金を払っても和解で早期離脱するメリットは、
クボタには、十分に、あったのだと思います。
しかし、日通は、アスベストの関係が遠い分、
予測が難しかったのかも知れません。

裁判所が、日通側に責任を負わせた前提として、
どの程度の予測可能性、回避義務を認定したのか、
大変、興味深いところです。

企業側としては、今後は、
自分が直接に危険なものを製造等するのでは無くとも、
危険が予測される企業活動に人を従事させる以上、
裁判で多額の賠償金の支払を命じられるリスクがあることを前提に、
行動を組み立てざるを得ないことになるでしょう。
戻ることのない人命。あまりに重い結果。
リスクをどの程度見積もるのか。リスクヘッジの方法は。
この判決は、企業活動を行うもの皆に
重い重い課題を突きつけています。

|

« 読書日記 ~ 世に棲む日々 ~ 吉田松陰と高杉晋作 | トップページ | 難民 ~ 保護の必要性と難しさ ~  »

弁護士・法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89445/55078805

この記事へのトラックバック一覧です: アスベスト訴訟 日通に賠償命令 神戸地裁 - MSN産経ニュース:

« 読書日記 ~ 世に棲む日々 ~ 吉田松陰と高杉晋作 | トップページ | 難民 ~ 保護の必要性と難しさ ~  »