« 歴史に学ぶ ~神風特攻隊の誕生とレイテ湾海戦 ~ | トップページ | ご依頼をいただくにあたって ~ イエスマンは良い弁護士か(上) ~ »

2012年6月 9日 (土)

私の意見:民法改正に向けて~人間は2つに分けられない~

現在、我が国の「民法」の改正について、
法務省・法制審議会で議論がされています。
今日は、近弁連・大阪弁護士会から世に出した書籍
(私は出版事務局長をさせて頂きました)
中小事業者の保護と消費者法(民事法研究会)書籍のご紹介
が民法改正のあり方に影響を及ぼす内容だと言うことで、
ある場所でお話をさせて頂きました。

上記書籍で取り上げた被害者達は、
みな、純然たる「消費者」ではありません。
個人事業主であったり、地主であったり、
フランチャイズ店の経営者であったりします。
ところが、民法改正の議論の一部に、
民法の中に、人間を「消費者」と「事業者」と2つに区別してしまう規定を
盛り込もうと言わんばかりの議論があるようなのです。
提携リーストラブルの被害者は、中小事業者ばかりです。
民法改正が「消費者」「事業者」完全2分論で行われてしまえば、・・・。

日本社会のかなりの割合の人達が、中小事業者です。
このような視点が見落とされることの無いよう、切に願います。

|

« 歴史に学ぶ ~神風特攻隊の誕生とレイテ湾海戦 ~ | トップページ | ご依頼をいただくにあたって ~ イエスマンは良い弁護士か(上) ~ »

リーストラブル」カテゴリの記事

弁護士・法律」カテゴリの記事

消費者とは?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89445/54912612

この記事へのトラックバック一覧です: 私の意見:民法改正に向けて~人間は2つに分けられない~:

« 歴史に学ぶ ~神風特攻隊の誕生とレイテ湾海戦 ~ | トップページ | ご依頼をいただくにあたって ~ イエスマンは良い弁護士か(上) ~ »