« スーパークールビズ ポロシャツやサンダルOK  :日本経済新聞 | トップページ | 読書日記 ~ 「トッカン」 税の話 国税徴収法 ~ »

2012年6月 3日 (日)

史実に学ぶ・神風特攻隊編成に至るまで~危険な組織の意思決定~

ふとしたきっかけで、
「特攻の真意」神立尚紀・著(文藝春秋刊)
という書物を読みました。

豊富な資料と取材に基づいて記載されたこの書物、
様々な教訓を読み取ることが出来るように思います。

例えば・・・
名ゼロ戦乗りにして元神風特攻隊員の独白部分。
「連合艦隊司令長官・山本五十六大将は、
近衛文麿首相に戦争の見通しを聞かれたとき、
「ぜひやれと言われれば1年や1年半は存分に暴れてみせます」
と答えたと伝えられている。
なぜそこで、「戦争はできません」と
はっきり言えなかったのか。

更に、同じく独白部分・・・
昭和18年にロッキードP-38ライトニング(アメリカの新型戦闘機)
と遭遇したとき、性能面でゼロ戦に勝ると見抜いた隊員は、
このことを「所見」として敵機とゼロ戦との性能比較を司令部に提出します。
ところが、司令部からは、
「今までどこからも『ゼロ戦に勝る戦闘機がある』という報告は無い。」
「貴様は意気地がない。」と
けんもほろろな扱いを受けたと。

自由闊達にものが言える雰囲気。
現場の声を遮らない工夫。
我々は、このことに、常に心がける必要があります。
そして、単に心がけるだけではなく、
制度的、組織的にも、
自由な意見表明や現場の声を遮らない
工夫や制度設計が必要なのです。

企業や組織における適正な意思決定を確保する上で、
考え込まされる、(あまりに重い)エピソードと思い、ご紹介する次第です。

なお、上記書籍のテーマのついては、そのあまりの重さゆえ、
ここでは立ち入りませんことをお許し頂ければと思います。

|

« スーパークールビズ ポロシャツやサンダルOK  :日本経済新聞 | トップページ | 読書日記 ~ 「トッカン」 税の話 国税徴収法 ~ »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89445/54865895

この記事へのトラックバック一覧です: 史実に学ぶ・神風特攻隊編成に至るまで~危険な組織の意思決定~:

« スーパークールビズ ポロシャツやサンダルOK  :日本経済新聞 | トップページ | 読書日記 ~ 「トッカン」 税の話 国税徴収法 ~ »