« 虐め加害者を出席停止処分にしない理由とは? | トップページ | 児童虐待6万件に迫る 「大阪」が2年連続トップの謎 »

2012年7月26日 (木)

いじめ事件続々・・・基準作りを急げ

リンク: 朝日新聞デジタル:同級生の髪に火、骨折させた疑い 中学生3人逮捕 大阪 - 社会.

今朝の報道です。
各紙の報道によれば、
1年生時のいじめが、3年になって再開された様子。1年時も被害(MSN産経)
学校も、クラスを分けるなど、工夫したことが報道されていますね。
今回の逮捕も、川に入らせられた被害者を補導したというきっかけがなかったら、
何処まで行ったのか・・・。
やはり、最後は、警察しかないのか・・・。
学校社会に巣食った「いじめ」という病巣の、根の深さを感じます。

なお、14歳以上が刑事責任追及のため「逮捕」され、
14歳未満については、補導となったことについては、
刑法41条が「14歳に満たない者の行為は、罰しない」と
規定していることによるものです。
詳しくは以下のブログをご参照頂ければと思います。
刑事罰の適用は?~大津中2自殺事件~

そして、奈良県桜井市のいじめ事件中2女子がいじめで負傷~奈良県桜井市を受けて、
奈良県が、ようやく、警察に通報する基準などマニュアルの検討を開始するとのことです。
桜井市のいじめで検証チーム(MSN産経)

どうして今まで、
いじめについての対応マニュアルの作成を
検討すらしてこなかったのか、という驚きとともに、
今回、奈良県が、いじめ対応マニュアルの検討を開始されることに、
意義を見いだしたいと思います。
中身をしっかり充実させて、学校の現場がひるまずに対応で来るようにと願います。
奈良県以外の各都道府県の状況・様子が気になりますね。


|

« 虐め加害者を出席停止処分にしない理由とは? | トップページ | 児童虐待6万件に迫る 「大阪」が2年連続トップの謎 »

いじめ問題」カテゴリの記事

弁護士・法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89445/55281980

この記事へのトラックバック一覧です: いじめ事件続々・・・基準作りを急げ:

« 虐め加害者を出席停止処分にしない理由とは? | トップページ | 児童虐待6万件に迫る 「大阪」が2年連続トップの謎 »