« 絶対に許してはならない~大津いじめ事件 | トップページ | もの言えぬ組織の末路~JR尼崎事故・歴代3社長裁判が裁くもの~ »

2012年7月 7日 (土)

市長の対応について~大津いじめ事件

7月7日の朝刊報道によれば、
この痛ましい事件について、
大津市長が、教育委員会任せにすることなく、
外部調査委員会を設けて、
徹底調査をする方向を示したとのことです。
朝日新聞報道

内部調査で判明しなかった事柄が相当ある。
むしろ、事なかれ主義のもと隠蔽されていることがまだまだある。
そのような強い疑いが、かなりあります。
私は、大津市長が示した外部者による調査さという方針を、
基本的に評価したいと思います。

亡くなられた方やご遺族のためであることはもちろんです。
そして、このような惨事は、絶対に繰り返してはならないのです。
関与する人間全てに、覚悟と決意が必要です。
内輪のかばい合いは、真相究明を妨げます。断じてあってはなりません。
そのためにも、
外部の目による、徹底的な真相解明が必要です。

(新)大津市長の一連の対応については、
評価が分かれるところと思います。
弁護士であり、女性であり、
しかも自らもいじめを受けてきたと告白していたにも拘わらず、
なぜ今まで動こうとしなかったのか?
ご遺族や、関係者、マスコミの批判には理由があると思います。

私自身は、(新)大津市長と直接面識があるわけではありません。
対応の遅れについて、かばいだてするつもりは全くありません。
しかし、それでも、遅ればせながらでも、
適切な対応をしたことは評価したいと思うのです。

教育の分野については、
「教育の政治的中立性確保」という名目で、
為政者側があれこれと口を出し辛いしくみになっています。
そういうことも、市長の対応の遅れの背景にあるのではないか。
そのように推測します。


|

« 絶対に許してはならない~大津いじめ事件 | トップページ | もの言えぬ組織の末路~JR尼崎事故・歴代3社長裁判が裁くもの~ »

いじめ問題」カテゴリの記事

弁護士・法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89445/55139546

この記事へのトラックバック一覧です: 市長の対応について~大津いじめ事件:

« 絶対に許してはならない~大津いじめ事件 | トップページ | もの言えぬ組織の末路~JR尼崎事故・歴代3社長裁判が裁くもの~ »