« 大津市長の謝罪は終わりでなく始まり~大津中2いじめ自殺事件~ | トップページ | 虐め加害者を出席停止処分にしない理由とは? »

2012年7月25日 (水)

法務省 いじめに関する相談窓口の広報の強化について

深刻ないじめ被害を受けた、法務省人権擁護局の動きです。
法務省 虐めにかっkする相談窓口の広報強化
平成24年7月25日
法務省人権擁護局
 現在,滋賀県大津市における中学生の自殺を契機として,いじめ問題への対応の在り方について社会の関心が高まっているところ,(中略)
 人権擁護局では,今般の法務大臣の発言を受け,これまでの活動の経験を踏まえ,いじめ問題への対応を一層強化するため,新たに以下の対策を講じました。
1 全国の法務局及び地方法務局に対し,より迅速かつ的確にいじめ問題に対処できるよう,「子どもの人権110番」及び「子どもの人権SOSミニレター」を含むいじめに関する相談窓口を,人権教室,人権の花運動及びスポーツ組織と連携協力した啓発活動などの各種啓発活動において,積極的に広報するよう,通知を行った。
2 平成24年7月19日に開催された第60回全国人権擁護委員連合会総会における法務大臣挨拶及び人権擁護局長説明において,人権擁護委員に対し,いじめ問題への対応を含む人権擁護委員活動の一層の充実を依頼した。
 なお,既にお知らせしたとおり,映画「おおかみこどもの雨と雪」(東宝株式会社配給)と連携したポスター「子どもたちの未来を守りたい」を作成し,全国の法務局等で掲示し,「子どもの人権110番」等の告知をしています。
 人権擁護局においては,今後とも,機会を捉え,いじめに関する相談窓口の周知活動を強化し,いじめ問題について相談しやすい環境を整えていく予定です。
【相談窓口】
子どもの人権110番(全国共通フリーダイヤル)
0120-007-110 http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken112.html
子どもの人権SOSミニレター
http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken03_00013.html
インターネット人権相談受付窓口(24時間受付)
http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken113.html

私から見ても、決して十分な施策とは思いません。
ただ、
救われる命がおられれば。
そう思い、ご紹介致します。

|

« 大津市長の謝罪は終わりでなく始まり~大津中2いじめ自殺事件~ | トップページ | 虐め加害者を出席停止処分にしない理由とは? »

いじめ問題」カテゴリの記事

弁護士・法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89445/55277995

この記事へのトラックバック一覧です: 法務省 いじめに関する相談窓口の広報の強化について:

« 大津市長の謝罪は終わりでなく始まり~大津中2いじめ自殺事件~ | トップページ | 虐め加害者を出席停止処分にしない理由とは? »