« 大津いじめ自殺~【暴力は息子の本望ではない】ご遺族のメッセージ | トップページ | 【大津中2自殺】いじめ第三者委 野田教授辞任へ »

2012年8月23日 (木)

【中2いじめ自殺】女性教諭への暴行「故意とは判断しなかった」教育委員会とは・・・

リンク: 【中2いじめ自殺】同級生の女性教諭への暴行、胸や腕にもけが 大津市教委「故意とは判断しなかった」  - MSN産経ニュース.

被害者である女性教諭は、
「同級生が暴れたため指を骨折。その後、こぶしで胸をたたかれたり足を蹴られたりして
打撲や擦り傷を負い、1カ月の重傷の診断を受けた」という報道が事実とすれば、
「故意とは判断しなかった」というのは、どういう判断なのか?
全く理解に苦しみます。

わかりやすく言えば、
「故意」とは、「わざと」。「過失」とは「不注意で」です。
「うっかり不注意で」教師を拳で叩いたり蹴ったりすることは、
14歳にもなった少年には、まず、考えられません。

上記の報道を前提とする限り、
大津市教育委員会の説明には、事実と異なる説明という疑念を抱かざるを得ません。
一連の事件を殊更に矮小化した様に感じられる、教育委員会の本当の意図は何だったのでしょう。
教育委員会の説明は、不誠実と感じざるをえません。

この女性教師への暴行・傷害事件に厳正に対応していれば、
更なる被害者を出さずに済んだのではないのでしょうか。
そういう意味でも、憤りを覚えます。

教育行政の闇が徹底的に解明されることを望みます。

|

« 大津いじめ自殺~【暴力は息子の本望ではない】ご遺族のメッセージ | トップページ | 【大津中2自殺】いじめ第三者委 野田教授辞任へ »

いじめ問題」カテゴリの記事

弁護士・法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89445/55492671

この記事へのトラックバック一覧です: 【中2いじめ自殺】女性教諭への暴行「故意とは判断しなかった」教育委員会とは・・・:

« 大津いじめ自殺~【暴力は息子の本望ではない】ご遺族のメッセージ | トップページ | 【大津中2自殺】いじめ第三者委 野田教授辞任へ »