« 靖国をめぐる声 | トップページ | 虐めについての新たな試み・・・住民を相談員に(三重) »

2012年8月16日 (木)

科捜研職員が証拠捏造疑惑 の 衝撃

科捜研職員が証拠ねつ造の疑い(朝日)
科捜研職員が証拠ねつ造疑い(産経)
科捜研職員の鑑定不正(読売)

科捜研というところ・・・
都道府県警察本部のもとに置かれる
科学的捜査の要ともいうべき組織です。
科捜研の活動は、犯罪捜査、
刑事裁判における有罪立証に、欠かせない存在です。

例えば、
覚せい剤を使ったかどうかが争われる事件で、
科捜研の「同人の体液から覚せい剤成分を検出した」との鑑定結果が決め手になって、
有罪判決が下されることは、毎日のことなのです。

その科捜研で、証拠がねつ造されていた疑いが出ています。
刑事司法、ひいては、社会秩序維持の根幹を揺るがす重大な疑惑と言えましょう。

検察官が証拠を偽造する時代。
科捜研だって、ひょっとしたら、あるかもしれない。
そう思う関係者は多いのではないでしょうか。
多くの人間がそう疑念を抱くこと自体、
この国の抱える問題の深刻さをあらわしているようにも思います。

|

« 靖国をめぐる声 | トップページ | 虐めについての新たな試み・・・住民を相談員に(三重) »

弁護士・法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89445/55437343

この記事へのトラックバック一覧です: 科捜研職員が証拠捏造疑惑 の 衝撃:

« 靖国をめぐる声 | トップページ | 虐めについての新たな試み・・・住民を相談員に(三重) »