« 消費者vs.事業者2分論がもたらすもの ~社会の姿・街の姿~ | トップページ | 【いじめ対策は進んだのか】~新学期を迎えるにあたって »

2012年9月 2日 (日)

司法研修所卒業20年の同窓会に参加しました。

昨日は、司法研修所卒業20年の同窓会が京都で行われ、参加してきました。
全国から、同期の弁護士、裁判官、検察官、そして研修所の教官を務めて下さった大先輩方が集い、
このときばかりは「同期の仲間」として歓談です。

私が司法試験に合格した平成2年(1990年)は、
世間的には、大蔵省銀行局長通達で不動産融資総量規制が指示され、
バブル経済の崩壊が開始した年です。

そして、奇しくも、司法試験が、年間500人しか合格者を出さず、
世界で一番難しい、ばくちに人生をかけるようなものなどと揶揄された時代も、
私が合格した年が最後。
翌年の合格者から、600人、700人、~と増えていきました。
やがて規制緩和論の大合唱となり、
後の「司法改革」での弁護士大増員に結びついていきます。

「司法改革」のあおりで、
ロー・スクールが法曹養成の一翼を担うこととされ、
研修所教育も、最近随分変わってしまったようです。
ロー・スクール教育にも問題が多いとされているようです。
法律家の卵の質が低下しているという指摘が、最高裁からなされたこともありました。

私が受けさせていただいた研修所教育は、
裁判官にも、検察官にも、弁護士にもなれるように、
2年間かけて、みっちりと厳しく叩き込んでいただきました。
2年も同じかまのメシを食べた仲間です。まさに「同期の桜」です。
私自身、「裁判官になれ。検事になったらどうだ。」という有り難いお誘いに大いに悩んだ末、
やはりここは初志貫徹で弁護士になりますと頭を下げて、弁護士への道を進みました。
これは私だけの話ではなく、当時の研修所教育のもとでは、皆、そういう時代だったのです。

しかし、裁判官にも検察官にも弁護士にもなれるように鍛え上げる研修は、
今では行われていないようで、
そういう意味でも、本当に有り難い研修だったと思います。
裁判官、検察官、弁護士は、もちろん、仕事の中身が違います。
法廷で座る場所が異なりますし、果たす役割も違います。
ただ、法廷で壇上に座っている裁判官が何を欲しているのか?
法廷で向かい合って激論を交わしている検察官が、何をしようとしているのか?
それがわからなければ、良い弁護活動が出来るはずがないのです。
法廷で、法曹三者(裁判官・検察官・弁護士をあわせてこう呼びます)の
共通言語がなくなってしまい困る。そういう声を聞くこともよくあります。

規制緩和論の大合唱のもと、
「事前規制から事後調整へ」というスローガンに基づいて
推し進められた様々な政策。
司法改革も、消費者契約法の制定も、
大きな流れとしては同じ流れの中で為されました。
その光と影について、これからも見据えて行きたいと思います。

|

« 消費者vs.事業者2分論がもたらすもの ~社会の姿・街の姿~ | トップページ | 【いじめ対策は進んだのか】~新学期を迎えるにあたって »

弁護士・法律」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

消費者とは?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89445/55562306

この記事へのトラックバック一覧です: 司法研修所卒業20年の同窓会に参加しました。:

« 消費者vs.事業者2分論がもたらすもの ~社会の姿・街の姿~ | トップページ | 【いじめ対策は進んだのか】~新学期を迎えるにあたって »