« 司法研修所卒業20年の同窓会に参加しました。 | トップページ | 消費者契約法の「わな」  あるいは、過酷な副作用 »

2012年9月 2日 (日)

【いじめ対策は進んだのか】~新学期を迎えるにあたって

大津中2いじめ自殺事件を契機に火を噴いた
いじめ問題と教育行政の対応力のなさについて、
2学期が始まるまでに、少しでも対策を進めるべき。
このブログでも、たびたび警鐘を鳴らしてきました。
ここでは最近の報道を振り返りたいと思います。

大分中2骨折、同級生側と校長がいじめ認め謝罪

校長らにいじめ特化の研修・・・島根

いじめ対策、鳥取県と県教委が連携

いじめ対応の手引作成…東京・武蔵村山市教委

いじめ対応にサポート班…東京・町田市教委

小中にいじめ対策担当者…大津市の全55校

さざ波のような小さな動きですが、少しずつではあっても、
動きはじめていることを感じることが出来るように思います。
いじめ防止に向けたこの流れ、この動きが広がっていくように、
注目し続けたいと思います。

|

« 司法研修所卒業20年の同窓会に参加しました。 | トップページ | 消費者契約法の「わな」  あるいは、過酷な副作用 »

いじめ問題」カテゴリの記事

弁護士・法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89445/55564477

この記事へのトラックバック一覧です: 【いじめ対策は進んだのか】~新学期を迎えるにあたって:

« 司法研修所卒業20年の同窓会に参加しました。 | トップページ | 消費者契約法の「わな」  あるいは、過酷な副作用 »