« 現場主義の大切さ ~ 例えば特別養護老人ホームでの実務修習  | トップページ | 不妊治療 に対する理解と対応の必要性 »

2012年10月15日 (月)

歴史探訪~池田城と荒木村重

Photo_2

私の事務所から北西に向かい梅田~阪急電車宝塚線で約20分で、
大阪の郊外都市池田駅に到着します。

阪急グループがいち早く宅地開発したとも言われる池田の街には、
阪急グループの創始者小林一三(こばやしいちぞう)氏ゆかりの記念館などもあります。
そして、現在では、歴史を偲ぶ公園として
池田城跡公園池田市Web~池田城跡公園~ が整備されています。
写真は、池田城跡公園の建物。
池には鯉が泳ぎ、芝生もあり、市民の憩いの場となっています。
池田城は、荒木村重とも関係が深いようです。
荒木村重の波瀾万丈の人生は、
司馬遼太郎の作品「国盗り物語」にも一部描かれていますね。

|

« 現場主義の大切さ ~ 例えば特別養護老人ホームでの実務修習  | トップページ | 不妊治療 に対する理解と対応の必要性 »

弁護士・法律」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89445/55894766

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史探訪~池田城と荒木村重:

« 現場主義の大切さ ~ 例えば特別養護老人ホームでの実務修習  | トップページ | 不妊治療 に対する理解と対応の必要性 »