« 勝負、そして、本当の勝者とは ~ 映画「ハスラー」を例に | トップページ | 読書日記~国難・石破茂 »

2012年11月27日 (火)

比嘉正子さん ~ 生活者としての運動 ~

先日、
大阪は都島区にある
比嘉正子記念会館を訪問する機会がありました。
比嘉正子記念会館Web

みなさん、比嘉正子さんってどんな方か、ご存知ですか。
比嘉正子さんについて、上の記念会館Web記載を引用させて頂きます。
1905年(明治38年)3月5日、沖縄県首里市金城町に生まれる。
パプテスト女子神学校(大阪市東淀川区今里)を修了。
1931年(昭和6年)3月に都島幼稚園を設立して園長に就任、その後も幼児教育に力を注ぐ。
1945年(昭和20年)、戦後の深刻な食料危機にたまりかねた、
大阪府鴻池新田西村の主婦たち15人が立ち上がり「米よこせ」運動を起こし、功を奏した。
そのことを発端にして「おかみさんの会」が発足
比嘉正子は3代目会長となり、「大阪主婦の会」の始まりである。
1949年(昭和24年) 大阪主婦の会の書記長であつた比嘉正子は、
幼児教育に力を注ぐため役員を辞任。時を同じくして府下の各主婦の会が連合体を目指し、
「関西主婦連合会」の発足となり顧問になる。
1950年(昭和25年)12月「関西主婦連合会」2代目会長に就任する。
その後の活動は目覚しく、牛肉不買スト運動、電気料金・フロ代値上げ反対、
牛乳値下げ運動、主婦の商品学校など、活動と実践を重ね生活者の権利
を守るために全力を注いだ。
1969年(昭和44年)昭和25年以来の主婦の念願が実り
「関西主婦会館」(現在の比嘉正子記念会館)完成。
生涯を通して、ゆりかごから墓場までの理念のもと活動する。
物価問題を中心に多くの公職も歴任、物価問題懇談会、物価安定推進会議、
大阪市公営事業審議会委員などで活躍した。
1979年(昭和54年) 4月29日 勲三等瑞宝章を授章さる。
1992年(平成4年) 11月12日 87歳で逝去。
出典: 関西主婦連のあゆみ 関西主婦連のあゆみⅡ 女の闘い

大変傑出した人物だったのですね。
比嘉正子さんの名前を冠した会館は、
今もしっかりと運営を続けておられるようです。
(もちろん好き嫌いなど立場の違いによる評価の違いはあるでしょうが)
生活者の運動の出発点といえるかも知れません。

Photo

|

« 勝負、そして、本当の勝者とは ~ 映画「ハスラー」を例に | トップページ | 読書日記~国難・石破茂 »

弁護士・法律」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

消費者とは?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89445/56203912

この記事へのトラックバック一覧です: 比嘉正子さん ~ 生活者としての運動 ~:

« 勝負、そして、本当の勝者とは ~ 映画「ハスラー」を例に | トップページ | 読書日記~国難・石破茂 »