« 2012年6月24日 - 2012年6月30日 | トップページ | 2012年7月8日 - 2012年7月14日 »

2012年7月1日 - 2012年7月7日の6件の記事

2012年7月 7日 (土)

もの言えぬ組織の末路~JR尼崎事故・歴代3社長裁判が裁くもの~

先日来、このブログで、
現場の声に耳を傾けることがいかに大切かを述べてきました。
現場の声が届かない!~滅びる組織とは~

この点について、注目すべき裁判
~JR尼崎事故についての井出氏ら歴代3社長の刑事責任を問う裁判~
が、昨日(7月6日)神戸地方裁判所において開始されました。
~正確には、起訴自体はずいぶん以前になされ、
公判前整理手続が続けられてきました。
昨日は、ご遺族やマスコミ達傍聴人が傍聴できる形での、
第1回公判が行われたのです。

刑事裁判の第1回公判においては、
検察官、弁護人双方が、冒頭陳述という形で、双方の主張立証方針(防御方針)を示します。
この裁判は、検察審査会経由の強制起訴事件ですので、
プロの検察官はおらず、検察官役も、弁護士が「指定弁護士」という名前で行います。
わかりにくいですね・・・。
報道記事を読まれるときは、
「指定弁護士」=検察官(被告人の刑事責任を追及する立場)
と読み替えてみて下さい。

この事故について、訴追機関である検察庁が唯一起訴した山崎氏については、
先日、無罪判決が確定しています。山崎氏無罪確定へ(MSN産経)
ブログの題名を「第2陣」としたのは、その意味です。

昨日の第1回公判において検察官役の指定弁護士により行われた
冒頭陳述(主張立証方針)の内容が公開されました(7日の新聞各紙が報じています)。

続きを読む "もの言えぬ組織の末路~JR尼崎事故・歴代3社長裁判が裁くもの~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市長の対応について~大津いじめ事件

7月7日の朝刊報道によれば、
この痛ましい事件について、
大津市長が、教育委員会任せにすることなく、
外部調査委員会を設けて、
徹底調査をする方向を示したとのことです。
朝日新聞報道

内部調査で判明しなかった事柄が相当ある。
むしろ、事なかれ主義のもと隠蔽されていることがまだまだある。
そのような強い疑いが、かなりあります。
私は、大津市長が示した外部者による調査さという方針を、
基本的に評価したいと思います。

亡くなられた方やご遺族のためであることはもちろんです。
そして、このような惨事は、絶対に繰り返してはならないのです。
関与する人間全てに、覚悟と決意が必要です。
内輪のかばい合いは、真相究明を妨げます。断じてあってはなりません。
そのためにも、
外部の目による、徹底的な真相解明が必要です。

続きを読む "市長の対応について~大津いじめ事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

絶対に許してはならない~大津いじめ事件

リンク: 【中2自殺】廊下で飛び蹴り、口に粘着テープ…男子生徒への暴行、自殺1カ月前にエスカレート (1/2ページ) - MSN産経west.


大変痛ましい事件です。
亡くなられたご本人ご遺族の方々、関係者の方々に、
心よりお悔やみ申し上げます。

今までも、同じような「いじめ」事件がたびたび報道されてきました。
その度に、一定のセンセーショナルな報道がなされますが、
抜本的な予防策には結びついていない様子です。

いじめる側の個々人の問題。担任教師の問題。
警察署の問題。教育委員会の問題。
学校という組織の閉鎖性。隠蔽体質。
様々な問題点が浮き彫りになります。

一国民として、そして、子を持つ親として、
みなで真剣に、問題点の洗い出しと
(せめて)再発防止のための仕組み作りを
しなければならないのではないでしょうか。

法曹資格を有する(新)大津市長をはじめ、
関係者の皆さんの動きに注目したいと思います。

続きを読む "絶対に許してはならない~大津いじめ事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木)

現場の声が届かない!~滅びる組織とは~

組織の意思決定過程において、
現場の声を吸い上げることがどれだけ大切か。
このブログでも何度か書かせて頂きました。
しかし、硬直した組織においては、往々にして、
これが実現できないのです。
そうです。ゼロ戦より性能が勝る戦闘機が出現したとの
現場からの報告を握りつぶし、
敗戦に突き進んだ日本軍のように。史実に学ぶ

原因は様々です。
立派な組織、歴史ある組織。
様々なことを成し遂げてきた成功体験。
専門性や、高いプライド。

有無を言わせないリーダー、カリスマの存在。
このような強すぎるリーダーの存在が、
現場から声を上げることを阻むことがあります。
JR尼崎事故3社長の刑事公判が、6日に始まります。
最近の報道JR3社長公判を前に(読売) 産経を読むと、法廷では、
当時のJR西日本におけるリーダーシップのありかたが問われることになりそうです。
大惨事に至る前に、何らかの現場の声はあったのではないか。
その現場の声を拾い上げる工夫をしないで、押し殺していたのではないか。
検察官役の指定代理人とすれば、その辺りを浮き彫りにしたいはずです。

また、経営のトップと現場との間に介在する中間者達が、
それまでの居心地の良さを犠牲にしたくなかったり、
縦割り組織の論理など、内輪の論理で、
異なる意見を持つものの参加を阻み、
都合の悪い現場の声をもみ消すこともあります。

続きを読む "現場の声が届かない!~滅びる組織とは~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

原子力発電と核武装

日本が、国策として、これまで原子力発電にこだわってきたのは、
石油資源を持たない国だからという「表向き」の理由だけではなく、
「核兵器をいつでも持とうと思えば持てる」そういう立場にありたい。
為政者がそういう意図を有してきたことは、容易に想像出来るところです。
(そのことの当否はさておきます)

その結果として、
サミュエルハンチントンの有名な著作「文明の衝突」においても、
文明の衝突
日本は、「核を持とうと思えばいつでも持てる文明」と位置付けられて来たのです。

続きを読む "原子力発電と核武装"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪の街の様子 ~製造業からサービス業へ~

私が住み仕事をする大阪は、
従来は、松下や三洋、シャープといった家電メーカーに代表される
製造業が経済を牽引してきました。
幼い頃、松下の本拠地近くに住んでいたのですが、
ある日まで田んぼと小川だった風景が、突然埋め立てられ、
文化住宅が建ち並び、町工場で働く方々が住むようになり、
大変な活気があったのを記憶しています。

元気な製造業、そして、世界に羽ばたく商社も大阪中心のものが多く、
平成2年頃にバブル経済が崩壊し大阪発祥の都市銀行の多くが不良債権に苦しむようになるまでは、
公定歩合や各プライムレートも、日銀大阪市店と、大阪市街の大手銀行数行が決めていたといわれています。

しかし、時代は移り、大阪発祥の銀行で名前を残すものはほとんどありません。
家電製造業も、・・・
松下はパナソニックとなってなお巨額の赤字に苦しんでいます。
三洋電機は、もはや単独では存在しません。
シャープも、単独での生き残りを断念したのか、台湾の鴻海との資本提携を発表し、
買収されるのでは?と物議を呼んだことは記憶に新しいところです。シャープ株主総会記事

大型公共工事に寄りかかった形での土木用建設業の需要も、見込める状況ではなさそうです。

続きを読む "大阪の街の様子 ~製造業からサービス業へ~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月24日 - 2012年6月30日 | トップページ | 2012年7月8日 - 2012年7月14日 »