« 2012年7月1日 - 2012年7月7日 | トップページ | 2012年7月15日 - 2012年7月21日 »

2012年7月8日 - 2012年7月14日の7件の記事

2012年7月14日 (土)

大津いじめ死事件~少年法の闇~

自殺3日前に自室を荒らされた・・・

報道のみに基づく議論は控えるべきとは思いつつ、
刑事責任のお話を少し続けたいと思います。

刑事責任年齢14才未満の場合、
刑事裁判に付し、刑務所に収容するといった
刑罰を科することが出来ないことについては、こちらをご覧下さい刑事罰の適用は

犯罪行為を行った刑事責任年齢未満のものを「触法少年」と言いますが、
彼らは「少年法」の適用を受けるのです。
日本が未だGHQ占領下にあった昭和24(1949)年に、少年法は制定されました。
私の個人的な印章ですが、
少年法は、日本国憲法と同様、
当時のアメリカの時代思想を反映したと思われる、
かなり理想主義的なものに映ります。

その少年法も、昨今の少年事件の多発
(多発していないという専門家も大勢居られるので難しいところです)
を受けて、
平成19(2007)年に、かなり踏み込んだ改正が行われ、
例えば、14才未満のものでも、概ね12才以上であれば、
少年院送致が行えるようになるなどの法改正が行われたところでした。
改正少年法とは(コトバンク)

今回の事件は、この改正少年法が施行されている法秩序のもとで起きた訳ですが、
(少年法の適用事件はどうかは不明です)
では、どうすべきなのか。みなでしっかりと議論すべきと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大津市中2いじめ自殺事件~教育行政の闇~

訴訟続けたい・・・大津市教育長
大津市長が外部委員会の調査を尽くした上で民事訴訟は和解する方針を打ち出している中、
大津市の教育長が、「被害者の家庭環境」などの可能性にも言及し、
訴訟で明らかにすべきと記者会見で述べたことは、大変、衝撃的でした。

教育委員会(教育委員の大半が非常勤)の形骸化が言われて久しい中、
事務局を掌握する「教育長」は、自身が教育行政のトップであると自覚し、
だからこそ、組織防衛のために、上記のような発言になったのだと推測します。

しかし、
被害者のご遺族には何の公的な調査権もない以上、
民事訴訟の法廷で、加害者側の様々な所業が、立証されることは極めて困難です。
その民事訴訟の場で、「被害者側の落ち度」が明らかにされるべきというのは・・・
教育長氏が、裁判手続を良くご存じないことを割り引いても、
いかにも配慮のない、極端な発言をなさったなと感じます。

そして、
組織防衛の見地から見ても、
時代の大きな流れ~教育行政についての様々な問題提起~の中で、
この事件の流れが、以下のようなものであることに注視すべきだったのです。
1)事件後、教育現場(学校)と教育委員会による真相解明の失敗と隠蔽
2)隠蔽に対する猛然としたご遺族の方々、世論による巻き返しと
3)市長の方針転換・・・外部委員会による徹底調査と民事訴訟和解の方針
4)警察が学校を強制捜査

この大きな流れの中で、
「民事訴訟を継続し被害者側の落ち度を明らかにすべき」
というような、組織防衛のための議論を展開しても、
多くの場合、火に油を注ぐだけです。
上記の教育長の発言を見聞きし、
いまの教育行政が機能不全に陥っていることだけは、
国民全員に印象付けられたことでしょう。
そうです。
組織防衛のための発言は、失敗したのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

遂に滋賀県警が家宅捜索へ~大津中2いじめ自殺事件

子のブログでも注目してきました大津いじめ死事件、
ついに捜査機関が強制捜査を開始したようです。

リンク: 【中2自殺】滋賀県警が家宅捜索 暴行容疑で市役所と中学校(1/2ページ) - MSN産経west.

「刑罰」という形で刑事責任の追及を行えるのか、
微妙な対象者も多いと思われますが、
この点については・・・刑事罰の適用は?~大津中2自殺事件~
真実解明に向けて、
強制捜査権を持つ警察が動くことは大きな前進と
評価したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市長の対応「続報」と評価~中2自殺、大津市長が和解の意向

リンク: 中2自殺、市長が和解の意向…遺族の賠償訴訟で : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

痛ましいこの事件について、
大津市長が示した民事訴訟での和解の姿勢を評価したいと思います。
遅きに失したとはいえ、大津市が民事責任をとることを前提に和解の方針を打ち出したからです。
外部委員会が出すであろう結論を見た上で、
裁判所で、大津市がご遺族に賠償金を支払う形での
和解解決をすることを念頭に置いての発言と思われます。

懸念される事柄は、法廷で明らかにされるべき様々な真実が
隠蔽されてしまう恐れがあるのではないかということです。
しかし、法廷で明らかに・・・といっても、
当の大津市(や教育委員会、学校)が隠蔽を決め込んでしまえば、
原告であるご遺族が立証できる事柄には、限界があります。
ご遺族には調査権限がないのですから・・・。

そうであれば、外部委員会(この事件を調査する委員会)に調査権限を与え、
裁判外で徹底的に調査させた方が、真相解明に役立つと思われます。
法廷では立ちすくみ証言できない方でも、
非公開の調査・ヒアリングに対してであれば、
真実を語ることが往々にしてあり得るからです。

事態がここまで進めば、
調査を担当する外部委員会の委員の人選と、権限設定、独立性確保が大きな課題です。
この点について更に注目していきたいと思います。

教育の政治的中立確保の命題のもとに、
教育委員会には高度の独立性が与えられてきました。
教育委員会は、内輪のかばい合いのために存在するものでは無いはずです。

*ご参考:この事件に関しての私のブログ

刑事責任についての考察 刑事罰の適用は?

従前の大津市長の態度についての評価 市長の対応について

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

児童虐待の疑いがある場合 ~児童相談所への通告制度~

「ご近所でお子さんを厳しく折檻している様子だ。度が過ぎている。」
とか、
「子どもに、食べものもろくに与えていないようだ。」
「幼子を何日も放ったらかしにしている。」
などというご家庭が近所にある場合、皆さんならどうなさいますか。

よその家はよその家。そう割り切って、一切関わりを持たない。
それも一つの立場ですし、従来はそのような立場が当然とされてきたと思います。
しかし、
残念なことに親による児童の虐待事件はあとを断ちません。
今日の報道でも・・・5歳の長男を棒で殴り死なせる(記事)
このような報道がなされる虐待事件は、
もはや、まったく珍しくない状態になってしまっています。

このような事態に対する対応として、実は、
【児童虐待の防止等に関する法律】という法律が、
平成12年に制定(平成16年に改正)施行されています。

【児童虐待とは?】
この法律の第2条は、18歳に満たないものを児童とし、
保護者が行う以下の行為を「児童虐待」と定義しています。
1)身体への暴行
2)児童へのわいせつ行為と、わいせつ行為をさせること
3)心身の正常な発達を妨げる減食・長時間の放置
4)保護者以外の同居人による前記の行為と、その行為を保護者が放置すること
5)著しい暴言・拒絶的対応・著しい心理的外傷を与える言動を行うこと

【児童相談所への通告を!】
そして、同法第6条は、
児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は、
速やかに「福祉事務所・児童相談所に通告しなければならない。」
と規定しているのです。
つまり、発見したものは、だれでもみな、通告する義務を負うとされている点に
注意が必要です。

通告する先は、警察ではなく、児童相談所や福祉事務所です。
親の刑事責任を追及するのが目的ではなく、子の福祉が目的だからでしょう。
「警察沙汰にする」のではなく、子の身を案じて児童相談所に連絡する。
その方が、通告する側の心理的負担も軽いのではないでしょうか。

全国の児童相談所の一覧H23全国児童相談所一覧へのリンクを張っておきますので、ご活用下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

刑事罰の適用は? ~大津中2自殺事件~

リンク: 【中2自殺】「暴力・いじめ」証言227件 「家族全員死ね」と生々しい記述も 大津市教委の生徒アンケート(1/2ページ) - MSN産経west.

上記の報道など、次次にショッキングな実態が判明し、愕然とします。
報道のみに基づいて刑事責任を云々することは憚られますが、
ここまで酷い事態が明らかになって来た以上、少しだけご容赦下さい。

集団によるいじめ、村八分については、まず、「脅迫罪」の適用が検討されます。
しかし、今回の事件は、集団による暴行、リンチというもののようです。
とすれば、「暴行罪」、「傷害罪」の適用が検討されます。

そして、死亡との間に因果関係があると判断された場合には、
「傷害致死罪」の適用が検討されることになります。
加害者たちが、被害者の死亡に対して、その危険性をかなりの程度で予測していたとすれば・・・
「殺人罪」が検討されることになります。

ここで、問題になるのが、「刑事責任能力」です。
刑法41条は「14歳に満たない者の行為は、罰しない」と規定し、
刑事未成年者である触法少年を処罰対象から除外しているのです。
中学2年生といえば、ちょうど、この14歳前後・・・。
何ともいいようのない嫌な感覚に襲われてしまいます。

もちろん、触法少年についても、
一定の場合に、送致を受けた家庭裁判所は、保護処分に付する審判
~少年院など施設入所処分や、保護観察処分~
を下すことは出来ます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あさがお

Asagao0708

今年も朝顔が咲いてくれました。
梅雨から夏にかけて、体調を崩しやすいこの季節。
・・・今日、大阪は肌寒い位です・・・
みなさま、ご自愛下さいますよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月1日 - 2012年7月7日 | トップページ | 2012年7月15日 - 2012年7月21日 »