« TPPに対して思うこと~飢えるのは誰? | トップページ | 時間は一瞬、出逢いは一生 »

2013年4月16日 (火)

頭脳Playerとしての弁護士。参謀としての弁護士。

弁護士は皆、頭脳Playerです。
自ら習得した知識と技術を駆使し、
依頼のあった事件について、
依頼人のために有利に問題を解決することに全力を注ぎます。

すべての弁護士が持つべき技量、当然の技量です。
この技量の巧拙をいう広告や雑誌類が、よく目につきます。
しかし、それは、弁護士の持つ技量の
ごく一部ではないでしょうか。
よりよい弁護士とのつきあい方。
それは、事件・紛争についての勝敗とは別に、
紛争の予防や、紛争からの早期離脱など、
総合的に、あなたの相談相手となる弁護士。
企業にとっても、よき相談相手、参謀役となること。
そういう弁護士でありたいと思います。

|

« TPPに対して思うこと~飢えるのは誰? | トップページ | 時間は一瞬、出逢いは一生 »

弁護士・法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89445/57185930

この記事へのトラックバック一覧です: 頭脳Playerとしての弁護士。参謀としての弁護士。:

« TPPに対して思うこと~飢えるのは誰? | トップページ | 時間は一瞬、出逢いは一生 »