« とてもうれしかったこと ~携帯ショップでの対応と良き秘書~ | トップページ | ご近所歴史探訪~俵物会所跡 »

2013年12月13日 (金)

ハッとさせられた子どもの一言 ~交通ルール~

先日、なにげなく、車が来る気配が全くない交差点を、

歩行者として横断しようとしたときのことです。

歩行者用信号機は、赤の表示。

横にいた小学生が、「赤は渡ったらあかんよ」と、注意してくれました。

確かにその通り。ハッとさせられました。
皆さんも、通勤途中、急いでおられるときなど、
赤信号での横断や、横断中に赤信号に変わるところを
急いで横断をされることも多いと思います。
でも、ひとたび交通事故被害者となったら、
大怪我をなさったり、大変苦しい後遺症が残ったり、・・・・
あなたをひいた相手に損害賠償を請求する際に、
「あなたは赤信号なのに信号を無視して渡っていた」
「だからあなたも悪い」
という主張(法律用語で「過失相殺」といいます)を受けて、
賠償金額が大幅に減額されてしまうことだってあるのです。
事故に遭わないのがなにより一番大切です。

「赤は渡るな」
ハッとさせられた子どもの一言でした。
私もこれからは十分気をつけたいと思います(苦笑)。

|

« とてもうれしかったこと ~携帯ショップでの対応と良き秘書~ | トップページ | ご近所歴史探訪~俵物会所跡 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89445/58747590

この記事へのトラックバック一覧です: ハッとさせられた子どもの一言 ~交通ルール~:

« とてもうれしかったこと ~携帯ショップでの対応と良き秘書~ | トップページ | ご近所歴史探訪~俵物会所跡 »