« NHK受信料「視聴者の承諾が必要」…東京高裁 | トップページ | 年末年始のこと »

2013年12月20日 (金)

能勢の栗 ~銀寄せ栗~

以前、能勢町で美味しいぼたん鍋を頂いたことを書きました。ぼたん鍋
そのお話の続編のようなお話です。

昔(恐らく江戸時代のことでしょう)、能勢の農家の方々が、
能勢の栗を京都、大坂の街に出て売ろうとしたところ、
その栗の大きさとおいしさに大変な評判となり、
銀貨がみるみる吸い寄せられるように集まった。
これが能勢の栗を「銀寄せ栗」と呼ぶようになった所以だそうです。
錦亭のご亭主に教えて頂きました。
ぼたん鍋コースの最後に頂いた、銀寄せ栗の栗ご飯、
とても美味しかったです。

ところで、なぜ、「金寄せ」ではなく「銀寄せ」なのでしょうね。
恐らく、江戸時代、京都・大阪など関西圏は
銀価経済だった(江戸など関東は金貨経済)ことと
関係しているのだろうと思っています。

|

« NHK受信料「視聴者の承諾が必要」…東京高裁 | トップページ | 年末年始のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89445/58788233

この記事へのトラックバック一覧です: 能勢の栗 ~銀寄せ栗~:

« NHK受信料「視聴者の承諾が必要」…東京高裁 | トップページ | 年末年始のこと »