カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の17件の記事

2019年7月14日 (日)

森林浴~ジョギング&ウオーキング

最近、森林浴~ジョギング&ウオーキングが週末の日課です。
早朝に、森林の中を1~2時間、軽く汗を流しながら運動します。
清々しい空気、小鳥のさえずり、良い気分転換になっています。

Photo_20190714142401thumb1Himawari

| | コメント (0)

2019年7月11日 (木)

梅雨空

今日の西天満は朝から梅雨空💧💧です。梅雨らしくなってきました。

梅雨入りが遅れた近畿地方ですが、いよいよ梅雨の季節ですね。

この時期、紫陽花など風情がありますが、体調を崩しやすい季節でもあります。

みなさま健康に留意して、毎日をお過ごし下さい。

Ajisai_20190711100501_20190714150401

| | コメント (0)

2014年1月16日 (木)

母校の銀杏並木

昨年12月初旬に東京に出張した際、空き時間を利用して、
母校・東京大学の本郷キャンパスを訪れることができました。

法文1号館と2号館の間は銀杏並木なのですが、
折しも、綺麗に色づいておりました。
法学部生が主に授業を受ける法文2号館は、
(職員の方に声をかけさせて頂いて
少し館内も拝見したのですが)
30年前の私が通った当時と、
まったくと言って良いほど変化がなく、
私にとっては心地よい驚きでした。
風景というものは不思議なもので、
様々な記憶を喚起してくれました。

若き頃法学を学んだ本郷の地で、
学び続けることの大切さと、
代わらないことの大切さを
思い出させてもらったように思います。

Photo

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

ご近所探訪 ~ 蕎麦屋 なにわ翁 ~

私の事務所から徒歩3分のところに、
お蕎麦屋さん「なにわ翁」があります。

以前から美味しいと評判でしたが、
ミシュランで星がついてからは、よりいっそうの人気。
お蕎麦では大阪の名店と言って良い部類なのだろうと思います。
先日も妻のリクエストでお昼過ぎに行ったのですが、
寒い中、満席、続々と来店客が詰めかけ、行列ができていました。
あん肝など、一品料理も豊富で、ビール・日本酒・
蕎麦焼酎などお酒も置いておられる。
ご夫婦連れ、ご家族連れで、蕎麦食を楽しんでおられる姿が、多く見かけられました。
妻曰く、「出汁の風味が何とも言えない」そうです。
大阪はうどん文化。そば屋は流行らない。という定説は、
このお店についてはあてはまらない様子です。
ただ、駅ソバとは一桁違うご予算が必要ですのでご注意を(笑)
(余談)私自身は、石橋の入船  などの歴史を感じさせつつも
庶民的な街中の蕎麦屋の魅力も捨てがたいと思うのですが。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月14日 (土)

ご近所歴史探訪~俵物会所跡

私の事務所から徒歩数分、大阪証券取引所の向かいに
「大阪俵物会所跡」の碑があります。

碑の横に設けられた解説文によれば、
江戸時代には、金、銀、銅、など重要品は、幕府の厳しい統制下におかれ、
定められた商人が定められた場所でしか取引出来なかった。
その定められた場所のことを「会所」と呼んだそうです。

そして、俵物とは、ふかひれ、干しなまこ、干しアワビなど、
当時、日本の重要な特産品として、長崎から海外に輸出されていたそうです。
その俵物の取引を行う取引所が、「俵物会所」という訳です。
当初大阪の備後町に設けられた「俵物会所」、
安永6年(1777年)にここ北浜に移り、明治まで続いたとか。

江戸時代~明治にかけての大阪は北浜の
活気溢れる街の姿が目に浮かぶようですね。

Photo_4

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

ご近所探訪 ~ 中之島の中央公会堂 ~

事務所から徒歩数分のところには、中之島の
「中央公会堂」があります。
明治44年大阪市民の岩本栄之助氏が、
大阪市に100万円を寄付したことから、
中央公会堂の建築が決まり、
実際に建築され開館したのは、大正7年とのこと。
大阪の民意の高さを感じさせられるお話です。

それにしても、当時の100万円とはあまりに巨額ですね。
この寄付をした岩本栄之助という御仁、なかなかの人物だった様子。
日露戦争出征活躍で勲六等を授けられ
その後、家業をついで株の仲買人として財をなし
渋沢栄一らと渡米した際にアメリカの富豪達が
社会のために多額の寄付をする姿に感激して
大阪市への100万円寄付を行ったと言われています。
ただ、最期は、相場で大損失を被り、
軍人時代愛用の短銃で独り自決。享年39歳。
中央公会堂の完成を見ることなく人生を終えたそうです。
あまりに波瀾万丈の人生ですね。

Photo_3

下の写真は、南側(栴檀の木橋)からみた中央公会堂。
ちなみに、写真の右端に映っているのが、大阪弁護士会館です。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

ご近所探訪 ~ お初天神

私の事務所から歩くと20分くらいのところに、

お初天神~正式名称露天神社(つゆのてんじんしゃ)があります。

神農さん(少彦名神社)の入り口に、

谷崎潤一郎の細雪の碑があることはご紹介しましたが、

お初天神の境内には、

近松門左衛門の人形浄瑠璃「曽根崎心中」

の主人公、徳兵衛とお初の立派な像が。

神社の境内でもこの一角は、

「恋人達の聖地」という扱いです。

「曽根崎心中」は、元禄16年4月7日に起こった、

堂島新地天満屋の遊女「お初」と内本町平野屋の手代「徳兵衛」が

この神社の「天神の森」にて情死した事件をもとに、

近松門左衛門が劇化したもの( http://www.tuyutenjin.com )

今でも恋人達の聖地と扱われる所以です。


Photo_2

Sonezsakisinnjyuu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

ご近所歴史探訪~道修町の歴史~

神農さん(少彦名神社)のある薬問屋の街、道修町。
神農さんのお隣いんは、「くすりの道修町資料館」があり、
誰でも無料で見学させて頂けます。
私も資料館を見学して、少し勉強させて頂きました。
道修町の発祥は、どうやら、豊臣秀吉の城下町作りに端を発する様子。
大塩平八郎の乱では、かなりの部分が消失したそうです。
また、大阪の町人達が愛珠幼稚園を発足させた際には、
道修町の薬問屋達が大いに力を発揮したとか。
神農祭りで有名な張り子の虎は、
大阪市の指定無形文化財になっているそうです。

Siryoukan

Harikonotora

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご近所探訪 ~ 神農さん(少彦名神社)

大阪は道修町(薬問屋の町)に神農さんと呼ばれる神社
~正式には少彦名神社 http://www.sinnosan.jp/gosaijin.html ~ があります。
今年も、この神社の神農祭りが、11月22日・23日に迫ってきたようです。
私は、近くの小学校に通っていた頃、
このお祭りが楽しくて仕方がありませんでした(笑)。
神社は道修町の細い道を入ったところにあり、目立たないのですが、
入り口には、谷崎潤一郎の春琴抄の碑があります。

Photo_2

Syunkinsyou

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご近所探訪 ~ 難波橋(ライオン橋)

北浜駅(京阪電鉄・地下鉄)の駅を出ると、
北側に向けて、
大きなライオンの像が橋桁にかかった橋、
難波橋(通称ライオン橋)があります。
北に渡りきる途中、大川の中間地点に中之島があり、
中央公会堂や、東洋陶器美術館に行くことが出来ます。
また、薔薇の花が美しい通称バラ園という公園などが整備されています。

この橋を北に渡り切って頂けば、私の事務所が直ぐあります。

歴史の中では、難波橋は、
大塩平八郎の乱で、大塩軍が、この橋を南下し、
大阪の豪商街に向かったことでも有名ですね。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)